殺陣を学ぶ心得(Ⅰ)


殺陣」とは、武器を使って本当に闘っているように見せる剣技、つまり演技(※1)であり、本当に闘うものではありません。その反面、演技とはいえ、十分な注意と「心構え」が重要になってきます。つまり、殺陣には「技術」と「心構え」の両方が必要なのです。

侍道-殺陣塾では、日本の伝統文化としての殺陣を習得しながら、現在の日本社会で失われつつある、古き良き時代の生活習慣を学ぶものです。そこから、立ち居振る舞い・所作・気配り・礼儀作法・集中力・思いやりといった「心の鍛錬」を行うことを目的としています。

 

(※1)演技=演者自身の肉体を含めた、武器の操法・姿勢(構え・足運び等)の事 

                

  永原享 著「殺陣への道」より抜粋


殺陣を学ぶ心得(Ⅱ)


殺陣を学ぶ時には、必ず安全に配慮しなければなりません。そのために侍道-殺陣塾では殺陣の三要素を実践しています。

 その一 「刀の角度

刀の構え(上段の構えなど)をする時には必ず頭上40度~45度の角度を守ること。なぜなら、刀を突然に水平にして振りかぶったりすると後の人の顔面や眼球を突く恐れがあるからです。舞台や映画の現場では、刀を水平に振りかぶったり、刀の切っ先を後ろにしたりすると、その場で役を降ろされたりします。実際の剣術でも同じです。乱戦になった場合、仲間の人を自分の刀剣で傷つけたりしてしまうので、これは大変危険ですので厳禁です。 

その二 「声かけ 

刀剣をもって相手に斬りかかる時、無言でいきなり斬りかかっては相手に対して危険です。そこで、一瞬先に「やぁ!」と相手に声をかけて合図をしてから斬りかかります。この声かけで、相手もタイミングを合わせて剣戟(けんげき)ができるわけです。 

その三 「寸止め 

木刀や竹光をもって、稽古や剣戟(けんげき)をする時には、必ず寸止めを行います。稽古の時には、相手が子供さんやシニア、または体力のない女性の場合、まともに相手に打ち込みますと、大怪我をします。それを防ぐための寸止めです。また、舞台や映画では、高価な竹光刀を使います。リアルに銀紙で貼った刀身を傷つけると高価な修理代が発生します。相手の俳優さんから修理代を請求されることもあります。舞台や映画の現場では寸止めが当然の前提です。 

刀剣の振り回し

他にも、道場や撮影現場などで、周りの安全を確認せずに、やたらと刀を振り回してはいけません。事故や大怪我の元になります。 

刀剣の目釘の確認

刀剣をもって、稽古や演武・舞台・撮影等の時には、事前に必ず刀剣の柄の部分にある「目釘」を確認しましょう。この目釘が緩んでいたり、折れていたら、刀剣を振ったとたんに刀身がすぱっと抜けて事故の元となります。事前に必ず確認をしましょう。 


殺陣を学ぶ心得(Ⅲ)


刀剣の扱い

古代の昔から、刀剣は神聖なものであり、神や霊力が宿り、邪気を払う力をもつと信じられてきました。江戸時代に至っては、武士の魂とまで言われました。たとえ、木刀や竹光刀といえども、大切に扱い、床に落としたり踏んだりといったぞんざいな扱いはしないように心がけましょう。 

礼法の順守 

殺陣を学ぶ時は、礼法を大切に守りましょう。侍道-殺陣塾には決められた道場での礼法があります。きちんと行いましょう。 

礼儀の順守

道場内での神様(神棚)への拝礼、先生への礼儀、先輩への礼儀、同輩・後輩への礼儀はきちんと行いましょう。 

挨拶の励行

侍会館の道場へは、入いる時には「こんばんは」「おはようございます」と挨拶をしましょう。出る時も「失礼します」「お疲れさまでした」等々の挨拶を忘れずに致しましょう。 

稽古中の態度 

侍会館の道場での稽古中には、携帯電話やスマートフォンなどをいじったり、LINEや通話をしたりしないようにしましょう。稽古に集中しましょう。また、道場ではだらだらとせずに、きびきびと行動しましょう。 



殺陣を学ぶ心得(Ⅳ)


間合い」と「見切り

剣術には、「間合い」と「見切り」と云う言葉があります。「間合い」と「見切り」とは以下のような意味となります。

「間合い」→自分の攻撃が届く距離と相手の攻撃をかわせる距離の事。自分と対手との距離を意味します。

「見切り」→相手の刀の切先の長さや速さ、斬り込む太刀筋を読んで、攻撃をぎりぎりで「見切る」事、かわす事。

殺陣にもこの「間合い」と「見切り」は重要な要素です。殺陣は相手との距離を絶えず考えながら剣戟をします。相手と離れすぎると相手を斬ることができず、リアリティがなくなり迫力もありません。殺陣のリアリティを出すためにはギリギリまで接近して斬り合いをします。そのために必要なのが「間合い」と「見切り」です。迫力ある殺陣の為に、絶えずこの二つを念頭に入れつつ稽古をしましょう。

この「間合い」と「見切り」を会得した者同士で殺陣を行うとお互いを信頼し合えるので、安心・安全に高度な殺陣ができます。


殺陣を学ぶ心得(Ⅴ)


刃筋」について

振る刀の刃筋を通す事は、居合道・抜刀道では大切な事です。抜刀道では、斬る方向に刀の刃筋がきちんと通っていないと、藁束は斬れません。刃筋が狂っていると、藁束にはじかれたり、斬り刺さったり、場合によっては日本刀の刀身が「く」の字に曲がったりします。また、居合道では刃筋が通らないと、刀が風を切る音が出ません。刃筋が通ると「ビョッ」「ヒュッ」「スカッ」という刃が空気を斬る音がなります。居合道などは、この音によって達人かどうかの判断ができます。この音が出るようになれば一人前です。殺陣でも、この刃筋は大切です。この刃筋を通すことでリアリティのある殺陣・剣戟が生まれるのです。


殺陣を学ぶ心得(Ⅵ)


「残心」について

剣術には「残心」という所作があります。剣道から居合道・抜刀道にまで、この「残心」があります。「残心」は文字通りに斬った敵に対して心を残すことです。相手と斬り合って、斬り倒した後には、必ずこの「残心」の所作をします。殺陣にもこの「残心」があります。殺陣では「残心」の所作の後に血振りをして刀を鞘に納めます。殺陣の検定試験の時には、この「残心」がなければ減点される場合があります。敵は死んでいると思っても、突然起き上がって反撃してくる場合があります。そのために、殺陣や試斬や居合の業の後には必ずこの「残心」の所作をします。

剣道でも1本をとった後でも「残心」の所作がないと1本としてもらえない場合があります。全日本剣道連盟の試合規則によると「有効打突は、充実した気勢、適正な姿勢をもって、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、「残心」あるものとする」とあります。それほど残心は大切なのです。昔の剣客も、この「残心」を練り上げて、剣術修練の中で業(わざ)と精神の錬度を高めていったのでしょう。それは今も変わりません。

ニュージーランド出身で剣術の達人、アレキサンダー・ベネット氏が著書「日本人の知らない武士道」(文春新書)の中で「武道の本質はこの「残心」にあり」と喝破しています。また「スポーツと武道の違いはこの「残心」があるかないかによる」とも言っています。自分の人生にまで多大な影響を与えたこの武道の「残心」について、ベネット氏はこの本の中で非常に優れた「残心」の論考を縷縷述べておられます。ご興味のある方は是非ご一読をお薦め致します。